ブランド時計オーバーホール修理|最小限での部品交換

  1. トップページ
  2.   >  三大家の取り組み
  3.   >  最小限での部品交換修理へのこだわり
  • 三大家さんだいや時計修理専門店
  • 時計修理専門で修理する人
  • 直営店時計修理

時計修理問い合わせ

宅配修理受付表

最小限の部品交換でオーバーホール時計修理

いつもまるで車の車検のように
オーバーホール修理は部品代でどんどん高くなる
本当にそんなに部品交換が必要だったの?
もしかしたらその部品まだまだ大丈夫だったら…
交換しなくても職人技術で直せる部品があったら…

正確な修理代が見積りしないと分からない理由とは?

長年経験を積んだ熟練の時計職人なら、リューズを操作するなどしてある程度なら内部の故障箇所を見抜くことができます。
ただそんな熟練の時計職人でも時計内部を開けて中身を見てみないと100%正確にどの部品と、どの部品の交換が必要でどれぐらの修理費用が必要かということを、正確に答える事はできないのです。
だからこそ動かなくなった時計を直すためだけの修理なのにこの部品もあの部品も交換…と、どんどん修理代が高くなってしまうそんな不安を抱えているお客様も多いようです。あるお客様は直営店に時計修理に持っていき、標準のオーバーホール代は約5万円位と聞いて、内部確認を含めた見積もり金額が出るのを待っていましたが、その後の修理見積も金額を聞いて驚き!いくつかの部品代の交換修理代金も含めて10万円以上!
急いで当社まで時計を修理のご相談でご来店頂いたお客様もいらっしゃいます。

高い精度修理なのに最小限の部品修理へのこだわり

オーバーホール修理の度にたくさんの部品交換が必要な時計修理は、車で例えると自動車ディーラーでのちゃんとした車検のように、少しでも劣化した部品があれば交換するという言う安心の正確な修理といえます。
ただ部品によっては本当に交換が必要だったのか?適切な部品の耐久性が伸びる処理を行えば、よりこの部品が長持ちして、交換費用なく修理を行うことができたのではないか?私たちはこれらのことを長年の経験により正確に判断し、できる限り最小限の部品交換で修理が行えるような取り組みを行っております。